本文へスキップ

アトリエ・エルスールからエルスール財団へ 詩とダンスのために いま、新たなページが始まる

エルスール財団記念館 ~詩とダンスのミュージアム~


「エルスール財団記念館 ~詩とダンスのミュージアム~」に関するお知らせ

2017年4月1日、世田谷区羽根木に「エルスール財団記念館 ~詩とダンスのミュージアム~」をオープンいたしました。コンセプトは下記です。

<当館は、2016年まで野村喜和夫・眞里子夫妻が居住していた家を、エルスール財団の記念館としてリノベーションしたものです。エルスール財団は、非常に小さい規模ですが、「詩とダンスこそ芸術の中核である」、そして「詩は言葉のダンスであり、ダンスは身体の詩である」というコンセプトのもと、現代日本の詩とダンスの発展に寄与すべく、2011年に創立されました。当館では、詩とダンスのコラボレーション、コンテンポラリーダンス、フラメンコ、詩人野村喜和夫のこれまでの軌跡、視聴覚アーカイブ、エルスール財団新人賞受賞者一覧などを展示します。また、ブックカフェを併設し、さらには詩書専門出版社思潮社との連携もはかりつつ、ささやかながら詩とダンスの発信基地となることをめざします。>


名称:エルスール財団記念館 ~詩とダンスのミュージアム~
開館日:木~日曜
開館時間:11:00~17:00
入館料:一般/500円、学生・生徒/300円 ※未就学児童の入場はできません
所在地:〒156-0042東京都世田谷区羽根木1−5−10
☎03−3325−5668
info@elsurfoundation.com
http://www.elsurfoundation.com
(Facebookの「エルスール財団記念館-詩とダンスのミュージアム-」のページでは記念館情報をご覧いただけます)






イベントスケジュール

併設ブックカフェ「エル・スール」ではイベントも随時開催しております。
なお、チケット代・受講料等はそれぞれ異なります。席数に限りがありますため、メールまたは電話にて必ずご予約のうえご来場下さい。また、のイベントのみこちらからご予約できます。

2018年7月
13日(金)
野村眞里子の「スペインとフラメンコを知る」⑤
21日(土)
エルスール財団新人賞のフラメンコダンサーたち①瀬戸口琴葉
22日(日)
野村喜和夫現代詩講座<日本の詩を読む/世界の詩を読む>
2018年8月
26日(日)
野村喜和夫現代詩講座<日本の詩を読む/世界の詩を読む>
2018年9月
9日(日)
エルスール財団新人賞のダンサーたち①かえるP
その他の予定イベント

特別展 野村喜和夫と美術家たち(記念館詩画集刊行記念)
ダンサーを撮るとき──池上直哉に聴く



  • 終了したイベントアーカイブ


    2018年6月
    8日(金) 野村眞里子の「スペインとフラメンコを知る」④
    9日(土) 暁方ミセイ鮎川信夫賞受賞記念イベント
    17日(日)喜和堂(非公開)
    24日(日)野村喜和夫現代詩講座<日本の詩を読む/世界の詩を読む>

    2018年5月
    11日(金)野村眞里子の「スペインとフラメンコを知る」③
    13日(日)野村喜和夫現代詩講座<日本の詩を読む/世界の詩を読む>
    19日(土)第39回「詩と哲学のあいだ」(非公開)

    2018年4月
    13日(金) 野村眞里子の「スペインとフラメンコを知る」②
    14日(土) エルスール財団新人賞の詩人たち②柴田聡子
    15日(日) 喜和堂(非公開)
    22日(日) 野村喜和夫現代詩講座<日本の詩を読む/世界の詩を読む>
    28日(土) 野村喜和夫とアーティストたち②野村喜和夫×石田尚志

    2018年3月
    9日(金)  野村眞里子の「スペインとフラメンコを知る」①
    16日(金) 川口晴美の詩のワークショップ
    24日(土) 伊勢功治・詩と写真の可能性③
    25日(日) 野村喜和夫現代詩講座<日本の詩を読む/世界の詩を読む>

    2018年2月
    3日(土)  第38回「詩と哲学のあいだ」研究会(非公開)
    16日(金) 川口晴美の詩のワークショップ
    24日(土) 伊勢功治・詩と写真の可能性②
    25日(日) 野村喜和夫現代詩講座<日本の詩を読む/世界の詩を読む>

    2018年1月
    6日(土)  ガラ詩歌リーディング@エル・スール
    16日(火) ブックカフェで学ぶ野村眞里子のフラメンコレッスン
    19日(金) 川口晴美の詩のワークショップ
    20日(土) 伊勢功治・詩と写真の可能性
    27日(土) エルスールベリーダンス×フラメンコライブ
    28日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉

    2017年12月
    9日(土)  エルスール財団新人賞の詩人たち①カニエ・ナハ
    14日(木) ブックカフェで学ぶ野村眞里子のフラメンコレッスン
    15日(金) 川口晴美の詩のワークショップ
    17日(日) 第6回エルスール財団新人賞授賞式&パーティー
    23日(土) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉

    2017年11月
    4日(土)  野村喜和夫とアーティストたち①野村喜和夫×篠田昌伸
    9日(木)  ブックカフェで学ぶ野村眞里子のフラメンコレッスン
    19日(日) 喜和堂(非公開)
    24日(金) 川口晴美の詩のワークショップ
    25日(土) 第37回「詩と哲学のあいだ」研究会(非公開)
    26日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉

    2017年10月
    15日(日) 歴程・秋の朗読フェスティバル
    22日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉

    2017年9月
    9日(土)  第36回「詩と哲学のあいだ」研究会(非公開)
    17日(日) 喜和堂(非公開)
    24日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉
    30日(土) 野村喜和夫詩集『デジャヴュ街道』刊行記念パフォーマンス ~港大尋氏を迎えて~

    2017年7月
    27日(木) 野村眞里子フラメンコ・ライブ
    23日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉
    16日(日) 喜和堂(非公開)

    2017年6月
    25日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉
    17日(土) 第35回「詩と哲学のあいだ」研究会(非公開)

    2017年5月
    21日(日) 伊藤浩子鮎川信夫賞受賞記念トークイベント
    14日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉

    2017年4月
    23日(日) 野村喜和夫現代詩講座〈日本の詩を読む/世界の詩を読む〉
    22日(土) 四元康祐詩集出版記念トークイベント
    16日(日) 喜和堂(非公開)
    9日(日)  第4回詩歌トライアスロン
    8日(土)  第34回「詩と哲学のあいだ」研究会(非公開)


講座のおしらせ

○○○○○○○○イメージ

野村喜和夫現代詩講座 ~日本の詩を読む/世界の詩を読む~

現代詩を実作・批評の両面においてリードする詩人野村喜和夫のセミナー。淑徳大学エクステンションセンター(2017年3月閉鎖)で行なわれていた公開講座「日本の詩を読む」の延長拡大版です。

月1回第3日曜日14:00~16:00(変更の場合あり)
4回8000円(学生7200円、賛助会員6000円、)+ドリンク代
2018年1月より、参加は全4回の出席が前提となりました。
空席がある場合のみ1回受講(2500円+ドリンク代)も可。事前に確認の上、必ずご予約下さい。

第1期(2017年4月〜7月)
テーマ:現代詩と古典
第2期(2017年9月〜12月)
テーマ:ランボー『イリュミナシオン』への招待
第1回:「大洪水のあとで」――聖書の書き換えと破局のヴィジョン
第2回:「あけぼの」――宇宙とのエロス的合一をもとめて
第3回:「街々」――幻想の都市を生きる
第4回:「祈念」――書くこと、祈ること、沈黙すること
第3期(2018年1月~4月)
テーマ:日本現代詩アンソロジーを編む試み


○○○○○○○○イメージ

詩のワークショップ

2018年秋に再開予定


野村眞里子の「スペインとフラメンコを知る」@エル・スール

○○○○○○○○イメージ

2016年に淑徳大学公開講座(注:現在は閉鎖)で3期全15回開催した「スペインとフラメンコを知る」の拡大版、しかもレッスン付です。レアなDVDも鑑賞します。

曜日:毎月第2金曜日19:00~20:30(3/9、4/13。5/11、6/8、7/13)
講座代:一般10,000円(全5回、入館料込)+ドリンク代
    学生9,000円(全5回、入館料込)+ドリンク代
会員7,500円(全5回、入館料なし)+ドリンク代
空きがある場合、2500円(1回、入館料込)+ドリンク代……④の回のみ特別料金
内容:
①「ブレリアって何?」(講義+ブレリアの振付)
②「タンゴのいろいろ」(講義+タンゴ・フラメンコの振付)
③「アレグリアスの極意」(講義+アレグリアスの振付)」
④「男振りといえばファルーカ!」(講義+トーク+ファルーカの振付)ゲスト:永田健
⑤「やっぱりソレアにはまる」(講義+ソレアの振付)
※振付は全曲ではありません。

このページの先頭へ

バナースペース